MENU

抱っこ紐にはどんな種類があるの?

抱っこ紐の種類は一つだけでなく、様々な種類があります。
抱っこ紐にも前抱きや横抱き、おんぶ紐などバリエーションが豊富です。
そこで今回は、抱っこ紐をこれから選ぼうという方のためにも、抱っこ紐の種類についてご紹介していきます。
ぜひご参考にしてみてください。

 

抱っこ紐の基本の種類とは?

抱っこ紐の種類は全部で4つあります。

 

・おんぶができるタイプ
・首がすわった頃から使えるタイプ
・新生児期から使えるタテ抱っこタイプ
・ 新生児期から使えるヨコ抱っこタイプ

 

首がすわった頃から使えるタイプでも、パーツを購入すれば新生児から使えるものもあります。
最近では赤ちゃんのお尻をサポートする機能のついた「ヒップシートキャリア」と呼ばれるタイプも出てきています。

 

人気の抱っこ紐「ベビービョルン ベビーキャリア」

抱っこ紐の中でもおすすめと言えばベビービョルンの抱っこ紐です。
こちらは新生児期から縦抱っこができるタイプで、頭を支えるヘッドサポートもついています。

 

ヘッドサポートがついていれば、首が据わっていない頃からも縦抱っこが可能です。
幅広で厚みのあるショルダーストラップや、ウエストベルトのパッドの厚みによって肩に負担がかかりにくい構造なので、ママにも優しい抱っこ紐です。
バックルもベビービョルン ベビーキャリア独自の作りで、装着は簡単なのに外れにくいです。

 

これなら抱っこに慣れていない新米ママでも安心ですよね。
3種類のメッシュ素材を組み合わせて作られているので、夏の暑い時期でも赤ちゃんは
快適にお過ごしいただけます。

 

抱っこ紐の選び方って?

初めて抱っこ紐を使う時には、どのようなものを選べばいいのか迷ってしまいがちですよね。
そこで今回は、抱っこ紐を選ぶ時はどこに着目すればいいのかご紹介していきます。

 

・ボバ ボバキャリア 4Gプラス

 

ボバキャリアは、ママと赤ちゃんの密着度のいい縦抱きタイプです。
抱っこした時にママと赤ちゃんの間に隙間ができてしまうと、赤ちゃんの重心が離れてしまうので、ママの腰や肩に負担がかかってしまい、疲労の原因になってしまいます。
重心が近くなれば負担を軽減する事ができます。

 

ママと赤ちゃんの距離が縮まる事で隙間が埋まり、体が寄り添えば赤ちゃんも安心できるでしょう。
赤ちゃんが大きくなってからも使える足置きもおまけでついてきます。

 

・体への負担がないもの、体格に合っているものを選ぶ
抱っこ紐の種類によっては肩に大きな負担がかかってしまいますが、力があまりないママであれば、腰のベルトがしっかりしたタイプを選ぶといいでしょう。

 

スリムなママや小柄なママでしたら、海外製だとサイズが合わない事があります。
体への負担が少なく、自分の体格にフィットするものを選ぶと使いやすいでしょう。

 

・素材に注目して選ぶ
赤ちゃんは大人よりも暑がりで汗をかきやすいので、夏はもちろん、冬に抱っこしていても汗をかいてしまう事も想定しなければなりません。
そのためメッシュ素材でできたものや、通気性が良いものを選ぶと快適に使っていけるでしょう。

関連ページ

抱っこ紐はいつまで必要なの?
抱っこ紐は育児に欠かせませんが、いつまで必要かわからない方も多いでしょう。そこで今回は、抱っこ紐がいつまで必要なのかについてご紹介していきます。
抱っこ紐の洗い方ってどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると洗わなければいけなくなりますが、洗い方はどうすればいいのでしょうか。抱っこ紐の洗い方の注意点についてご紹介していきます。
新生児はいつから抱っこ紐を使えばいいの?
抱っこ紐は新生児に必要なものです。抱っこ紐を新生児に使う時の諸注意やいつくらいまで使っていればいいのかどうかご紹介していきます。
抱っこ紐はレンタルできるの?
抱っこ紐は購入する事もできますが、レンタルされている抱っこ紐を使う事もできます。レンタルされている抱っこ紐の相場はどれくらいなのかもご紹介していきます。
抱っこ紐の暑さ対策はどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると暑さが気になってくる事があります。暑さ対策はどのように行えばいいのでしょうか。今回は抱っこ紐の暑さ対策についてご紹介していきます。
抱っこ紐の選び方って何を基準にしたらいいの?
抱っこ紐の種類は豊富なので、選び方にも気を付けなければいけません。抱っこ紐の選び方はどのようにすればいいのかご紹介していきます。