MENU

抱っこ紐はいつまで使った方が良いの?

抱っこ紐と言えば育児には欠かせないアイテムです。
しかし抱っこ紐はいつまで使用すればいいのでしょうか。
今回はその目安についてご紹介していきます。

 

抱っこ紐を使う時期はいつからいつまでで?

抱っこ紐には様々な種類がありますが、使用する時期は大体どれも新生児〜2歳頃までです。
新生児の頃や首が据わる前は、外出する事自体が少ないです。
そのため、抱っこ紐で抱っこすることが不安の方も多かったでしょう。
しかし新生児や首が据わる前から使える抱っこ紐も登場しているので安心です。

 

子どもは1歳を過ぎると歩けるようになりますが、歩きたくないとぐずってしまう事や寝てしまう事があるので、抱っこ紐があると大変便利です。

 

縦抱っこ用の抱っこ紐はおよそ生後7か月〜1歳頃まで使う事ができます。
ものによっては新生児から使えるものもあるでしょう。
横抱っこ用の抱っこ紐はほとんど生児〜生後6か月頃までです。

 

小さな頃は、赤ちゃんの成長には個人差が激しいので一概に言えませんが、横抱っこ用を使うのは首が据わるまでと考えられています。

 

この他にもおんぶ用抱っこ紐、多機能抱っこ紐などもあり、自分にあった抱っこ紐を選ぶ事が大切です。

 

新生児の時点で外出頻度がそれほど高くない場合は、抱っこ紐の必要性が感じにくいでしょう。

 

しかしすぐに働き始め、家事を助けてくれる人がいない場合や買い物に連れて行かなくてはならない時などは抱っこ紐があると便利でしょう。

 

特に車での移動ではなく、歩きなどの移動手段の場合は赤ちゃんを抱えていると手が使えなくなるので、移動もかなり困難です。
このような状況も考慮しながら、抱っこひもの要否を決めていけるといいでしょう。

 

おすすめ!エルゴの抱っこひも

抱っこひもには様々なタイプがありますが、その中には「エルゴ」というものがあっておすすめです。

 

エルゴは国産ではなく外国製になりますが、紐がしっかりしているので赤ちゃんが重たくなっても肩への負担が少ないのがメリットです。

 

縦抱きでも首が座っていない子でも、インサートを入れれば使いやすいでしょう。
ただし商品によって、インサートに対応しているものとそうでないものがあるので注意しましょう。

 

エルゴは素材やデザインのラインナップも豊富ですし、有名なブランドとのコラボをしているなど、よく見かける事の多い抱っこ紐なので、知っておくと便利です。

 

終わりに…

抱っこ紐がいつまで必要かというと、新生児〜2歳頃までと考えているといいでしょう。
抱っこ紐と一口にいってもその種類は大変豊富で、時には選ぶのが難しく感じてしまう事もあるでしょう。

 

しかし抱っこ紐は、赤ちゃんを育てていく上で非常に便利なベビーグッズです。
赤ちゃんを支えてくれるので、抱っこ紐をしながら家事も簡単にこなせます。

 

抱っこ紐には多くの種類があり、どのメーカーにも様々な特徴があります。
抱っこ紐は意外と長く使えるので、赤ちゃんが生まれる前からじっくり検討してみるといいでしょう。

関連ページ

抱っこ紐の洗い方ってどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると洗わなければいけなくなりますが、洗い方はどうすればいいのでしょうか。抱っこ紐の洗い方の注意点についてご紹介していきます。
抱っこ紐の種類にはどんなものがあるの?
抱っこ紐の種類は豊富でとても幅広いです。抱っこ紐にはどのような種類があるのか、オススメはどのようなものなのかについてご紹介していきます。
新生児はいつから抱っこ紐を使えばいいの?
抱っこ紐は新生児に必要なものです。抱っこ紐を新生児に使う時の諸注意やいつくらいまで使っていればいいのかどうかご紹介していきます。
抱っこ紐はレンタルできるの?
抱っこ紐は購入する事もできますが、レンタルされている抱っこ紐を使う事もできます。レンタルされている抱っこ紐の相場はどれくらいなのかもご紹介していきます。
抱っこ紐の暑さ対策はどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると暑さが気になってくる事があります。暑さ対策はどのように行えばいいのでしょうか。今回は抱っこ紐の暑さ対策についてご紹介していきます。
抱っこ紐の選び方って何を基準にしたらいいの?
抱っこ紐の種類は豊富なので、選び方にも気を付けなければいけません。抱っこ紐の選び方はどのようにすればいいのかご紹介していきます。