MENU

自分に合う抱っこ紐の選び方は?

抱っこ紐はママとの相性も大事ですし、赤ちゃんとの相性も大切です。
体型によっても、その抱っこ紐が合う・合わないがあるので、自分の体格によく馴染み、使いやすいものを選びましょう。

 

ママだけでなくパパも使えるような抱っこ紐を選ぶ

夫婦で使えるような抱っこ紐を選びましょう。
男性には使いにくく、ママだけしか使えないような抱っこ紐だと、今日はママは抱っこしてあげられない…という日でも、パパが代わりに抱っこする事ができます。
そのため、抱っこ紐を選ぶ時には夫婦で使えるような抱っこ紐を選ぶといいでしょう。

 

基本的には一番よく利用するママのサイズを想定して選んでいいのですが、調節機能がついていると、臨機応変にパパにも使えるようにできるので便利です。

 

男性と女性とであまりにも使い勝手に差が出てしまわないように気をつけましょう。

 

例えばワンサイズのスリングなどはぴったりしていないと使いにくいので、どうしても兼用しにくくなってしまいます。

 

移動手段に合わせてチョイスする

普段、どの移動手段を使うのが多いかも考慮して抱っこ紐を選ぶといいでしょう。
電車やバスを使う事が多ければキャリー系、長距離でベビーカーを使う時にはコンパクトなタイプを選ぶといいでしょう。

 

普段の移動方法によっても最適な抱っこ紐のタイプが違ってきます。

 

通気性に優れた抱っこ紐を使う

赤ちゃんは意外と汗っかきなので、通気性の良い抱っこ紐を選ぶ事も重要です。
特に赤ちゃんが新生児の頃は、メッシュ生地で作られたものがおすすめです。

 

一人で使えるような抱っこ紐を選ぶ

抱っこ紐の中には多機能がついたものも売られていますが、その分装着が複雑になってきてしまい、一人で装着するのが難しくなってしまう事があります。
使い勝手の良しあしも大切です。

 

使うシーンを想定して選ぶ

抱っこ紐が使える場面は多種多様です。
寝かしつける時に使う事もあれば、料理など家事をやっている時、あるいはお出かけ先で抱っこする時もあるでしょう。

 

外出先で抱っこする機会が多いと想定するなら、スリングやクロス式などの
コンパクトにたためるタイプを持っておくと持ち運び便利で安心です。

 

キャリータイプの抱っこ紐がおすすめ?

キャリータイプの抱っこ紐であれば、腰ベルトや肩ベルトがついているので長さを調節する事ができ、抱っこやおんぶ、横抱きなど多機能です。

 

しっかりした構造で機能性も重視しているので、体への負担が少ないように作られています。
ママにも赤ちゃんにとっても負担の少ない抱っこ紐がやはりベストです。

 

・ベビーキャリーのメリットって?

 

抱っこ紐の中でもおすすめは「ベビーキャリア」です。
両手があくので手がふさがらず、作業しやすいです。
さらに腰や肩への負担が軽くなるよう作られているので、ママも楽ちん使っていただけます。

 

抱っこ紐を初めて使う人にとっても安心です。
物によっては装着する時大変なものもありますが、根強い人気のある商品です。

関連ページ

抱っこ紐はいつまで必要なの?
抱っこ紐は育児に欠かせませんが、いつまで必要かわからない方も多いでしょう。そこで今回は、抱っこ紐がいつまで必要なのかについてご紹介していきます。
抱っこ紐の洗い方ってどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると洗わなければいけなくなりますが、洗い方はどうすればいいのでしょうか。抱っこ紐の洗い方の注意点についてご紹介していきます。
抱っこ紐の種類にはどんなものがあるの?
抱っこ紐の種類は豊富でとても幅広いです。抱っこ紐にはどのような種類があるのか、オススメはどのようなものなのかについてご紹介していきます。
新生児はいつから抱っこ紐を使えばいいの?
抱っこ紐は新生児に必要なものです。抱っこ紐を新生児に使う時の諸注意やいつくらいまで使っていればいいのかどうかご紹介していきます。
抱っこ紐はレンタルできるの?
抱っこ紐は購入する事もできますが、レンタルされている抱っこ紐を使う事もできます。レンタルされている抱っこ紐の相場はどれくらいなのかもご紹介していきます。
抱っこ紐の暑さ対策はどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると暑さが気になってくる事があります。暑さ対策はどのように行えばいいのでしょうか。今回は抱っこ紐の暑さ対策についてご紹介していきます。