MENU

抱っこ紐の暑さ対策は何をしたらいい?

抱っこ紐を使って抱っこをしていると、暑い時は蒸れてしまわないか心配ですよね。

 

抱っこ中に蒸れて赤ちゃんが暑くなってしまうので、暑さ対策する事も大切です。

 

夏の暑い時に抱っこ紐を使うのは大変ですよね。
しかしそんな暑い夏でも、ひんやり快適に使えるようにしてくれるアイテムもたくさんあります。

 

そんなアイディア商品を使っていれば、暑い時でも負担なく使えるでしょう。
抱っこ紐を使う時に使うといいアイディア商品をうまく活用して、夏の暑さを防いでいきましょう。

 

夏の暑さ対策は冷やしてあげる事が大切〜保冷剤

赤ちゃんは意外と汗っかきです。
夏に抱っこ紐を使うとなると、いつもよりたくさん汗をかいてしまいます。
ここで大事なのが、赤ちゃんを適度に冷やしてあげる事です。
冷やしすぎてしまうのもNGです。

 

夏の暑い時期に抱っこ紐を使う時役立つと言えば、「保冷剤」です。

 

夏に抱っこ紐を使って外出する時にも毎回使う事ができます。
一般的な保冷剤だとカチコチに固まってしまい、体にあたると痛みがありますが、
かたまらないジェルタイプの保冷剤を使うといいでしょう。
ポケット付きの保冷剤もあるので安心です。

 

ひんやり暑さ対策用のマットを使う

夏の暑い時期にぴったりのマットがあります。
ひんやり気持ちいいマットです。
取り付けも簡単で結ぶだけでいいので、抱っこ紐にも使えます。
その他にも、ベビーカーやチャイルドシートにも使えるので、簡単にご利用できて大変便利です。

 

・ひんやりして気持ちいい

 

赤ちゃんは体温調節がまだ苦手です。
しかし暑さ対策にぴったりの抱っこ紐を使っていれば、快適にお出かけする事ができます。シートが熱を吸収して放出してくれるので、暑さをしのぐ事ができます。

 

・お手入れも簡単にできている!

 

暑さ対策できるのはいいものの、お手入れが大変だったら嫌ですよね。

 

しかしそこも安心です。
お肌に優しい綿100%の生地で作られていて、汗を素早く吸収できるようになっているからです。
汚れてしまったらいつでも取り替えて洗う事ができて、清潔感があります。
ちなみに保冷剤は繰り返し使ってもいいので便利です。
お手入れ簡単なのが長く愛用していけるでしょう。

 

日よけと抱っこ紐

夏は日差しも暑くてたまらないですよね。
強い日差しに抱っこ紐がさらされてしまうと、保冷剤を使って冷やしていても、抱っこ紐の中に熱がこもってしまいます。
日差しをカットできるアイテムも必要です。

 

そこで使ってみるといいのが日よけのケープです。

 

「暑いのにさらにケープ?」
と思っていまいますが、実際に使ってみると確かになんとなく涼しい感じがするでしょう。

 

遮熱効果に優れているので、頭や手足を紫外線からしっかり守ることができます。

 

赤ちゃんもママも、夏の暑い日差しから守ることができるでしょう。

 

夏の暑さ対策のための服装は?

夏の暑い時期に抱っこ紐を使う時は服装にも工夫が必要です。
通気性のいいものや薄手の生地、汗が吸着しやすいものを選び、服が汗を吸収しないようにしましょう。

 

関連ページ

抱っこ紐はいつまで必要なの?
抱っこ紐は育児に欠かせませんが、いつまで必要かわからない方も多いでしょう。そこで今回は、抱っこ紐がいつまで必要なのかについてご紹介していきます。
抱っこ紐の洗い方ってどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると洗わなければいけなくなりますが、洗い方はどうすればいいのでしょうか。抱っこ紐の洗い方の注意点についてご紹介していきます。
抱っこ紐の種類にはどんなものがあるの?
抱っこ紐の種類は豊富でとても幅広いです。抱っこ紐にはどのような種類があるのか、オススメはどのようなものなのかについてご紹介していきます。
新生児はいつから抱っこ紐を使えばいいの?
抱っこ紐は新生児に必要なものです。抱っこ紐を新生児に使う時の諸注意やいつくらいまで使っていればいいのかどうかご紹介していきます。
抱っこ紐はレンタルできるの?
抱っこ紐は購入する事もできますが、レンタルされている抱っこ紐を使う事もできます。レンタルされている抱っこ紐の相場はどれくらいなのかもご紹介していきます。
抱っこ紐の選び方って何を基準にしたらいいの?
抱っこ紐の種類は豊富なので、選び方にも気を付けなければいけません。抱っこ紐の選び方はどのようにすればいいのかご紹介していきます。