MENU

抱っこ紐の洗い方ってどうすればいいの?注意することは?

抱っこ紐を使っていると、そろそろ洗濯しなければという時が出てきますよね。
しかしふと、抱っこ紐って洗濯できるの?、洗い方はどうすればいいの?など素朴な疑問が出てきませんか。
そこで今回は、抱っこ紐を使っている人が抱っこ紐を洗いたいと思った時、どのように洗えばいいのか、適切な洗い方についてレクチャーしていきます。

 

注意点もあるので、抱っこ紐の洗い方に迷った方は、是非ご参考にしてみてください。

 

手洗いなの?洗濯機でもいい?

まず、抱っこ紐は洗濯機でも洗えるかという疑問ですが、抱っこ紐は洗濯機でも洗えます。
しかし洗濯機を使うべきでない場合もあるので気をつけましょう。

 

抱っこ紐の洗い方とは?

抱っこ紐を洗う時のポイントについてご紹介いたします。

 

・乾燥機によっては使えないものがある
・テーブルやファスナー、バックル類をちゃんと閉めてからネットに入れる
・洗濯ネットを使えば洗濯機で洗えるものが多い
・蛍光染料入りや漂白材入りの洗剤を避ける
・国産の製品は乾燥機を使用不可にしているものが多い

 

バックルなど留め具を全部留めてから洗う

これは抱っこ紐に関わらず洋服にも言える事ですが、留め具を留める、ファスナーを全て閉じて洗うと型崩れを防ぐ事ができます。
ただし劣化している場合には洗濯の際に破損してしまう可能性があります。このような時には洗濯機は使えません。
負担をかけないような手洗いをしましょう。

 

中性洗剤を使用し、洗濯機は弱水流にする

デリケートな衣服を洗う時と同じように、気を使って洗濯します。
中性洗剤は弱アルカリ性洗剤よりも洗浄力は劣ってしまいますが、その分衣服に優しく、色落ちしにくいといったメリットがあります。
中性洗剤は抱っこ紐を洗う時だけでなく、他の衣服を洗う時にも役立つのでご家庭に一つあるだけでも重宝するでしょう。

 

デリケート衣類用中性洗剤は様々なシーンで活躍してくれます。
例えば次のようなシーンがあります。

 

・色落ちしやすい洋服の洗濯
・ウールの手洗い
・デリケート素材の洋服

 

中性洗剤を使っていれば、洗濯の幅もグーンと上がるので、抱っこ紐の洗濯だけに関わらず、持っていると安心です。
ちなみに洗濯用ネットに入れて洗った方が丁寧で、より安全に洗濯する事ができます。

 

抱っこ紐の洗う時の諸注意って何かあるの?

抱っこ紐を洗濯機で洗う時は、蛍光増白剤や塩素漂白剤は使用しないようにしましょう。
塩素漂白剤は使えるアイテムの方が少ないです。
基本的には白一色の衣類でないと使えません。
蛍光増白剤は衣類をより白くさせてくれる洗剤で、一般的な弱アルカリ性洗剤に入っている事が多いです。

 

推奨されているデリケート衣類用中性洗剤には入っていません。
蛍光剤は洗濯後に衣類に残るよう作られているので、赤ちゃんの皮膚に何らかの影響があるのではないか?という議論もあります。

 

抱っこ紐を洗う時は、洗剤や柔軟剤は何でもいいというわけではないので洗剤選びにも注意が必要です。

関連ページ

抱っこ紐はいつまで必要なの?
抱っこ紐は育児に欠かせませんが、いつまで必要かわからない方も多いでしょう。そこで今回は、抱っこ紐がいつまで必要なのかについてご紹介していきます。
抱っこ紐の種類にはどんなものがあるの?
抱っこ紐の種類は豊富でとても幅広いです。抱っこ紐にはどのような種類があるのか、オススメはどのようなものなのかについてご紹介していきます。
新生児はいつから抱っこ紐を使えばいいの?
抱っこ紐は新生児に必要なものです。抱っこ紐を新生児に使う時の諸注意やいつくらいまで使っていればいいのかどうかご紹介していきます。
抱っこ紐はレンタルできるの?
抱っこ紐は購入する事もできますが、レンタルされている抱っこ紐を使う事もできます。レンタルされている抱っこ紐の相場はどれくらいなのかもご紹介していきます。
抱っこ紐の暑さ対策はどうすればいいの?
抱っこ紐を使っていると暑さが気になってくる事があります。暑さ対策はどのように行えばいいのでしょうか。今回は抱っこ紐の暑さ対策についてご紹介していきます。
抱っこ紐の選び方って何を基準にしたらいいの?
抱っこ紐の種類は豊富なので、選び方にも気を付けなければいけません。抱っこ紐の選び方はどのようにすればいいのかご紹介していきます。