MENU

抱っこ紐は国産の方が良いの?

抱っこ紐を使うなら国産のものがいいとお考えの人は多いでしょう。
それでは、国産の抱っこ紐にはどのようなメーカーのものがあるのでしょうか。
また、どうして抱っこ紐が必要なのでしょうか。

 

抱っこ紐は育児には必需品?

育児をする上で、抱っこ紐は必需品といっても過言ではないでしょう。
ママは育児も家事もこなさなければいけないので大忙しです。
そのため少しでも育児が楽になるようなベビー用品を使いたいですよね。

 

抱っこ紐の選び方も大変重要です。といっても、抱っこ紐は育児において大切だからこそ、たくさんの種類のものが販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
抱っこ紐の種類も豊富ですが、機能も多岐に渡っています。

 

抱っこ紐はどうして重要なのか?

最近の腰ベルトタイプの抱っこ紐は赤ちゃんの重さを肩や腰、体全体へと分散して楽に長時間抱っこやおんぶができるように設計されています。

 

抱っこ紐はスリングや昔ながらの抱っこ紐と比較して値段が高いのも特徴ですが、それでも一番需要の高い抱っこ紐と言えば、腰ベルトタイプです。

 

キューズベリーってどんな抱っこ紐?

キューズベリーの抱っこ紐は、「ママと赤ちゃんがしっかり向かい合えるように」という想いで開発されたものです。

 

赤ちゃんがママやパパにギュッと抱きしめられる事が大切だというのはもうご存知でしょう。
赤ちゃんはママにギュッとされると落ち着くからです。

 

温かい羊水に守られて、プカプカ浮かんでいたあの頃に近い安心感を得ることができるのです。
赤ちゃんとのスキンシップはとっても大切です。

 

その一方で、日に日に大きくなっていく赤ちゃんを抱っこすることはママの体にも大きな負担がかかってしまうのもまた事実です。

 

キューズベリーがおすすめ?

いっぱい抱っこしたい!、でも腰が痛い…という時もあるでしょう。
肩がこってしまう、そんな時のお悩みを解消するお手伝いができるのもキューズベリーの抱っこひもです。

 

ママやパパの体への負担が少ないのも魅力

長時間の抱っこが辛くなってしまうのは腕や肩、腰など、ママの姿勢や赤ちゃんの体制によって体重が一部に大きくかかってしまうからです。

 

そのため肩紐の幅を広くし、後で交差させる事によって両肩背中全体に赤ちゃんの体重が分散し、ママの肩や腰への負担がぐんと軽くなるように設計してあります。
実際にご利用くださったお客さんからも、キューズベリーの評判はとてもいいです。

 

布幅があるので肩に食い込む感じもなく、背中も布でピシッと支えられているような感覚で、本当に楽ちんでしたという声が大きいです。

 

買い物に1時間程使っていましたが、肩が痛くなることもなくとても楽でしたと嬉しい声も届いています。
その他にもキューズベリーの抱っこひもには、いい評判が多いです。

 

首が座った3カ月頃から体重が16キロになるまで使ってOKと、大変長く使えるところも利点です。
さらに軽量で重さが120g〜370g、たたむと約17cm×17cm、持ち運びに大変便利です。
着脱も簡単で、一人でお出かけする時も楽に装着する事ができます。

 

もちろん赤ちゃんのお肌に直接触れるもので、安心の日本製です。
汚れてもおうちで洗えるので、いつでも清潔にお使いいただけるでしょう。
抱っこするのはママだけではありませんが、仲良しのご家庭にも嬉しいのが特許申請中のフリーサイズの抱っこひもです。

 

サイズ調節が可能なところも魅力です。
背の高いパパと小柄なママでも一緒に使えるでしょう。
厚着の季節や薄着の季節も気にせず使う事ができ、常に適したサイズでご利用いただけます。
ママにも赤ちゃんにも嬉しい抱っこひもなので、一つ持っているだけでも重宝するアイテムです。

 

⇒キューズベリーの抱っこ紐の詳細はこちら